写真ぱしゃっ

写真ぱしゃっ

記念写真を撮影するときのポーズについてよくある誤解

記念写真を撮影するときには、日本ではピースサインが一般的ですが、実はこれは海外ではあまりやらないことなのです。ピースサインが写真を撮るときの定番というのは、日本独特の文化なわけです。海外から伝播してきた文化だと勘違いしている人はかなり多く見受けられます。他にも日本ではさまざまなポーズが開発されていて、世界的に見てかなり珍しい部類に入ると言われています。世界ではカメラに写るときに特定の格好をするということは実はあまりないのです。日本ではとくに若い女性を中心にして、いろいろなものが開発されています。顎に手を当てて小顔化するようなものがあったり、ピースサインを裏向けてみたり、アヒル口をアピールしたりというものが有名です。普通に写るとどうしても手持ち無沙汰になってしまって物足りない感じがしますが、流行りのポーズをするだけで写真が引き締まります。スナップショットでもないのなら、日本人は多くが何かしらのポーズを取ります。

記念写真で印象に残るポーズを

記念写真を撮る際に、単純に全員が直立して写ると、その写真の印象が薄くなってしまいがちです。それよりも、変化をつけて様々なポーズで写った方が印象にも残り、後で見返しても楽しみが増します。例えば家族が自然の多い場所で記念写真を撮るなら、太い木にもたれかかってみたり、草むらに皆で寝転んでみたりと、自然を楽しんでいるようなポーズにすると一味違った写真が撮れます。建物や街の中で撮影する場合でも、親が子の肩に手を回したり、ジャンプして動きを切り取るような写真にしたりと、変化をつけると随分印象が変わります。立ち位置も、横一列ではなく、背の高い人が後ろに立って縦に並んだり、近くや奥などバラバラに立ってみたりすると変化が生まれます。ポイントは、写る人が恥ずかしがらずに、自分が俳優になったようなつもりで、演技をするぐらいの気持ちで堂々とポーズをとることです。このようにして撮った写真は後々も話題になりますし、何より良いのは、写る人が楽しむことで自然と笑顔が増え、いきいきとした表情を切り取った記念写真が撮れるのです。

『ポーズ 記念写真』最新ツイート

まんたん@レゴランド&東海のおでかけ・生活・防災ブログ📚
(@kyomo_wagakoto)

あとは肝心のカメラマンの腕なのよね。。。出たての頃撮ってもらった友達はポーズ指定やトリビアの披露があってすごく良かったって言ってたけど、終了間際の先日は正直記念写真レベルであれでは良いカメラの意味もない(´・ω・`) https://t.co/2ID3KuGwIE

24分前 - 2019年10月22日


たそせぽね
(@kskmg426)

今日親のけっこん記念日なんだけど家族のラインで24年前の今日☺️とか言って結婚式の写真送りつけてきて普通に羨ましいとおもっている…今でも記念日を大切にしてて一緒にケーキ食べながら結婚式の時のビデオテープ見て当時と同じポーズして写真撮って送ってきたりしてるの普通にいいなってなってる

38分前 - 2019年10月22日


嘆くもの
(@TfonQE6DpedFC3j)

@ucgm2 @oziozi5151 同感です。 Twitterやる暇ないくらい忙しいのかもしれない、という想像力が欠如してるんでしょうね。 ポーズばかりで被災地行って記念写真撮ってくる人達の方が私は信用できませんけどね^^;

43分前 - 2019年10月22日


Valuable information

2015/6/11 更新

▲ページ先頭へ▲